初回2万円払うことで、それ以降はタダマンのセフレ関係を続けてくれるという話はとてもオイシイものがありました。
この2万円は初期投資だから大した金額じゃないという気持ちにもなり、相手の人と待ち合わせしてホテルに入る事になったのです。
知らない人といきなりをホテルに入るのって、やっぱり興奮度が高かったです。
とってもドキドキしちゃってて、どれだけ熱い関係になっていくんだろうって想像して、チンコが激しく勃起してしまいました。
見た目云々よりも自分とセックスをしてくれるから、それだけで嬉しい気持ちも満載って感じで、ホテル入ってテンションが上がりっ放しって感じだったのです。
彼女はすぐにシャワーを浴びて出てきてくれて、ベッドに横になってくれました。
ここから熱い時間を過ごしていく事になるはずだったんだけど、結構早い段階で挿入のお願いをされてしまったのです。
まだ全然愛撫していないのになって感じなのに、挿れて欲しいと言ってきました。
彼女の支持にしたがって挿入開始、オマンコに挿れてズボズボ動かすとかなり気持ちよくなっちゃったんだけど、相手がほとんど表情を崩さなかったのでした。
そのまま僕の射精が終わったら、そそくさとシャワーを浴びて帰ると言い出したのです。
2万円を支払って、それでお別れになってしまいました。
時計を見ると30分ほどしか経過していなかったのです。
それでも、次からはタダでセックスができるかもしれないという期待感がありました。
だけど、そんな期待感はすぐ消え去ることになってしまったのです。
最初だけ2万円の約束なのに音信不通になり結局連絡も取れないまま、それでお終いとなってしまいました。
たった30分で2万円も支払って、しかも継続した関係にも発展しなかったのは、きっと僕のことが気に入らなかったからなのかって考えたのでした。