お金支援掲示板

職場で出会った内田さんはバツイチで今16歳の娘さんと2人で暮らしています。そんな内田さんのことが好きになった私は少しずつ距離を縮めながら一年後には付き合うことになりました。その時に初めて娘のマキちゃんを紹介してくれました。しかし、マキちゃんは思春期のせいか私への態度が冷たかった。
それから2年後に私は彼女にプロポーズをしました。彼女は「はい。」と返事をしてくれて、彼女の家は一軒家で私よりも広い家に住んでいるので結婚後は彼女の家に住むことになりました。しかし、結婚してからもマキちゃんの態度は冷たく、マキちゃんがスマホをいじっている時に後ろからチラッと何を見てるのかと覗くと
ぽっちゃりな私がパパ活を開始して掲示板への投稿を繰り返す
お金支援掲示板を利用していることが分かりました。家を飛び出したいのかと分かると家に住むことがつらくなり、お金支援掲示板を利用していることを彼女に伝えていいのかなど色々悩んでしまいました。
そんなある日彼女が友達とランチをしに出かけたのでマキちゃんと2人になり昼はチャーハンを作りました。そして、私は初めてマキちゃんに今まで思っていた気持ちを話しました。「お母さんと再婚してごめんね。でも大切にするから。」マキちゃんに対しても大切な家族だから何かあったら相談して。その言葉に始めてニコッとするマキちゃんに対してドキッとした私。それをきっかけにマキちゃんは私に話しかけるようになりました。話しかけられるたびにドキドキしてしまう私はマキちゃんの事も恋愛対象として見ている自分が怖いです。
パパ活アプリ
お金の無償支援

error: Content is protected !!